さらば青春の光(芸人)の事務所問題?森田・東ブクロのネタも紹介!

現在、個人事務所 ザ・森東 を設立し芸能活動をしているお笑い芸人「さらば青春の光」は徐々に露出の増えてきているコンビです!

今回はそんな2人について掘り下げてみていきます。

キングオブコント決勝常連の芸人「さらば青春の光」のコンビ名の由来は?事務所は解雇されたの?辞めた理由は?

「さらば青春の光」のコンビ名はイギリス映画の“さらば青春の光”からきているそうですが、2人の思い出の映画かと思えば、先輩であるピーマンズスタンダードの南川がつけたとのことです。

しかもやはり意味はなく、コンビ結成の挨拶にいった2人に対し『じゃあ俺が付けたるわ。昨日見た映画が2本あるからどっちか選べ』と言われ「さらば青春の光」になったというただそれだけでした。

ちなみにもう一つは“復讐するは我にあり”だったようで、完全なる消去法で決まりですね。このコンビ名にしていたらもう、中二病感がすごい…!

そんな「さらば青春の光」ですが、気になるのは事務所問題!元々は松竹芸能に所属していましたが、解雇となり現在は個人事務所を設立し自分たちで全てを担っています。理由は給料面や被害妄想、事務所に対する悪口の数々といくつか挙げられていますが、結局のところ東ブクロの不倫騒動が大きな要因ですね。

他事務所である人力舎の先輩芸人「鬼ヶ島」和田の当時の妻で元タレントの中山楽美との不倫により、当時テレビ露出の高い芸人が多数所属していた人力舎との共演が全面NGになりました。こうなってしまった以上松竹芸能としても事務所間の関係のためにも何らかの対処は必要となるので、解雇に至ったということです。

当然といえば当然ですね。

森田にいたっては、相方の不祥事に巻き込まれてもなお、個人事務所を立ち上げてまで一緒に芸人を続けているなんて、すごいですよね。相方思いの芸人ってかっこいいです。

個人事務所というのも、元々はある番組内での企画で作ったものだそうです。
まさか、そこから個人事務所でやっていくとは考えてもいなかったとのこと。
でも事務所のHPもしっかりしていて見栄えも良いですし、特に問題はなさそうな気がします。
まだまだ個人事務所で、という芸人さんは少なくて珍しい存在ですよね。そこで、芸人仲間たちからは、「社長、今日ヒマ?」とか社長呼ばわりされて、ネタにされているそうです。
ちょっと調べてみましたが、確かに以前までは大手事務所所属でないとテレビに出演するのは難しかったそうです。しかしながら、近年は実力主義の考え方になっていて、面白ければ積極採用されます。また、大手事務所所属タレントだとギャラが高くなる、という理由もあるそうですが。

そもそも、賞レースやライブ出演とかは、事務所がなくてもできますよね。そう考えると、フリーの芸人さんとかも、それ程心配しなくても良いのかもしれません。



「さらば青春の光」森田は天才?あの人に似てる?身長・歯並び・相方の浮気で負の3拍子でも連載コラムは面白い!岩井お見舞いエピソード

166cmと低身長の森田、特徴的な歯並びから若い頃の明石家さんまに似ていると一部で話題です。似てますかね?似てなくもない?といったところでしょうか。

似ているといえば、「歯」つながりというか、ウエストランドの井口くんも似ている気がします。キレ芸っぽいテイストもちょっと同じ印象を受けるような気もします。

森田はコンビでネタ書きも担当していますが、ネタのクオリティはさることながら、ダ・ヴィンチで連載中のコラム『煙だけでいい……あとはオレが火を起こす!』は現在38連載中の人気コラムです。

地味に上手い、いわゆるヘタウマな手書きイラストとともに描かれる森田の日常の景色は読み始めたら次々とページをめくってしまうほど面白いですよ。偏見ですが、低身長の人には天才が多いイメージですね。

その中でも気になるのは第27回・憧れの入院生活。

腰骨を骨折して入院していた時のコラムで、芸人仲間がお見舞いという名の大喜利を始めたというものですが、ハライチの岩井が持ってきたのはなんと6000円相当の花束!しかもジャケットで決めてきたというので『腹を抱えてわろた!』と爆笑していましたね。

岩井、おそるべし。



「さらば青春の光」東口、東ブクロに改名!先輩芸人「鬼ヶ島」和田の妻と浮気、彼女に騙され奈落の底へ

そして問題の東ブクロ。2017年にネット番組で招かれていた占い師の『東口の名前は悪い運勢を招いている』とのアドバイスもあり、本名の東口から正式に改名したようです。

ここまでに書いてきているように、東ブクロは他事務所の先輩芸人の妻と浮気をし、上下関係の厳しい芸人界ともあり半ば干されていました。他事務所へ移ろうにも不倫となっては受け入れてくれる事務所もなく、個人事務所を設立したほどです。

世間的にもバッシングを浴びた東ブクロでしたが、相方の森田の支えもありやっとここまで来ることができてよかったですね。ほんと。

実は東ブクロさんの元相方というのは、メイプル超合金のカズレーザー。カズレーザーが某番組内で語っていましたが、「改名して誰にも注目されていない」と呆れ顔でした。
まあ、それもまたネタになるから、ドンマイですね。



東口、改め東ブクロの不祥事の真相!相手は?

不倫により疎遠になっていた「鬼ヶ島」和田とは現在は和解しているようです。

和田によると、そもそも東ブクロの浮気も元妻の本命の不倫相手からの指示によるもので元妻からドッキリに見せかけてと執拗にアプローチされたことから始まっていたというサイコサスペンス!

その本命相手というのが元妻が所属していた事務所の社長だったようで、元妻にぞっこんだった社長、和田と別れさせる為に東ブクロに手を出すよう指示していたとは、恐ろしいですね。ゾッとします。

さて、この一連のスキャンダルですが、テレビで詳細が明かされたのは、「しくじり先生」でのことでした。確かにもう、絶好のネタですし、ここ以外ないですよね!

ただし、放送しようとしたタイミングが悪く、ちょうどベッキー&川谷氏への不倫バッシングの時で、実際の放映は後ろ倒しになりました。その後も、どんどん色んな人が不倫をして(笑)伸び伸びになり、結局は収録から半年以上経ってからになりました。

いやあ、つくづく運がないコンビというか、思い通りに進まないですよね、実力はあるんですけどね。




「さらば青春の光」のコントネタ『いたとん』・漫才ネタ『能』が最高!ライブネタ作りはどうしてる?

「さらば青春の光」といえば“いたとん” “能”ですね!

“いたとん”はキングオブコント2012年の決勝2回目のコントです。転んで怪我をした子供に『痛いの痛いのとんでけ〜』をしてあげるもの、その略である“いたとん”は流行語大賞取れるのでは?と言われるほど話題になりましたね!

また、“能”は2016年のM-1グランプリでのネタ、こちらも最高です。森田のエピソードが全て『能』っぽいという不思議!東ブクロの『能やん』がしばらく頭から離れなくなりますね。

こちらのキングオブコントでのネタ「パワースポット」は、個人的には一番好きです。

パワースポットのはずなのに、なぜか生じている大きな矛盾と、その悲哀がおかしい、やはりよくできたストーリーです。

そんな2人のネタ作りは、台本には起こさず口立てで作っているようで、大体森田がネタの設定を出してそこから2人で組み立てていく方式だそうです。ライブ前にあまりにも新ネタが浮かばず結局当日の1時間前に完成したネタもあったみたいです。

それで爆笑を取れるのですから、さすがコント職人ですよね!かっこいいです。



「さらば青春の光」これまでのキングオブコント実績!ネタパレに出演、次はイッテンモノへ

今や賞レース常連となった「さらば青春の光」のこれまでを振り返ってみましょう。

キングオブコント2012年 準優勝

キングオブコント2013年 第4位

キングオブコント2014年 決勝進出(1回戦敗退)

キングオブコント2015年 第10位(ここまで連続決勝進出)

キングオブコント2017年 第3位

M-1グランプリ2016年 第4位

いかがでしょう?結構いいところまで来ていて、あとちょっと!今年こそは優勝を勝ちとってもらいたいですね。

ネタパレでの新ネタのコント、設定は猿回しのショーでした。
そこできたクレームは意外なもので、森田さんが逆切れ。
コント内の小ネタがイチイチ面白かったです。
いやあ、さすがのストーリー展開ですね。

そして、次は「イッテンモノ」に出演です。
イッテンモノはこの局のバラエティ部門でのトップ人気番組です、どうなるのか楽しみです。
ゲストのお話を聞いて、即興でネタを作成して披露する番組。
ネタ作りの天才・森田氏の力が発揮できる場になるのではないでしょうか。

たのしみですね!










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする