タモンズ(芸人)は大波の貧乏ネタと安部の結婚で話題!その漫才は?

さて、今回ご紹介するのは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の「タモンズ」です。

ツッコミの大波さんの幼少期の貧乏ネタと、ボケの安倍さんの公開プロポーズで注目されています。面白いキャラクターのお二人を、お楽しみください。

タモンズは大波康平と安部浩章のコンビ、2人のプロフィールは?

2人は兵庫県神戸市出身。高校の同級生です。

結成は2006年4月、NSCの11期生です。

コンビ名は、よく一緒に遊んでいた地元の「多聞台」という地名からとって、複数形にして、「タモンズ」にしたそうです。

左側が、ツッコミの大波康平(おおなみこうへい)さん。
右側が、ボケの安部浩章(あべひろあき)さんです。

大波さんのプロフィールは下記です。

性別:男性
生年月日:1982年11月14日
身長/体重:171cm /71kg
血液型:A型
出身地:兵庫県 神戸市
趣味:競馬、麻雀、パチンコ、スロット

いや、趣味全部ギャンブルですよ?

安倍さんはこちらがプロフィールです。

性別:男性
生年月日:1982年05月24日
身長/体重:175cm /92kg
血液型:A型
出身地:兵庫県 神戸市
趣味:野球観戦(オリックスバファローズ)、特撮ヒーロー番組観戦(特に仮面ライダー、スーパー戦隊、メタルヒーローは全作全話視聴)、長渕剛
特技:フォークリフトをエアーで操縦する




タモンズ・大波の母は7回離婚、7人の父親がいる?!貧乏エピソードがすごい!

大波さんの生い立ちがものすごいです。

父親を探しに行く、と出て行ってしまった母親は、その後12年も帰ってきません。

大波さんとお姉さんはおばあちゃんと一緒に、おばあちゃんの年金で生活することになります。
それはもう貧乏で、食べる物がなく草を食べていたエピソードなど、聞く人によっては涙が出る、というような状況でした。

夏は扇風機があっても、電気代がかかるので使えず、冬はカーテンをまとって寒さをしのいでいたとか。

その他にも、おもしろ貧乏エピソードは沢山あります。

例えば、おばあちゃんがお巡りさんと喧嘩していると聞き、行ってみると言い争いをしている。
おばあちゃんは白いTシャツ一枚しか持っておらず、洗濯して繰り返し着ているうちに、湯葉みたいなスケスケに。
下着も付けていないので、「その格好はさすがに」と警官に注意されたそうです。
でも、おばあちゃんは、「じゃあ服買ってくれ!」とキレて、揉めていたそうです。

おばあちゃんの年金といっても少なく、月初めは必ずパチンコで一か八かしていたそうです。
なるほど、それで大波さんの趣味もパチンコ。
パチンコ屋さんにおばあちゃんを探しに行くと、何かの試合のように、背筋まっすぐで真剣な人は、周囲と明らかに違っていて、すぐ探せたほどなんだとか。

破天荒なお母様で、なんと7回も離婚を繰り返すそうです。

「人志松本の〇〇な話」に出演した際のエピソードでは、お母さんのことが語られます。

しばらく恋人がいなかったので、さすがにもうないかと思っていると、お母さんから彼氏ができた、とのメールが届きます。
彼氏の写真やプロフィールが書かれているのですが、メールのタイトルが「ラストダンス」(笑)。
まっちゃんは、この話に、「8回目もある話」と名付けました。

さすがまっちゃんです。

大波さんのおばあちゃんはタバコが好きで、シケモクを拾い集めていたそうです。

その光景を見ていた担任の先生が掃除をしていたと勘違いして、生徒たちの前で褒めていたということでした。

その翌日は、先生が、雨の中、ゴミ袋を繰り抜いて歩いている変質者がいるから気をつけろ、と注意を促したのですが、その人物もまた、実は大波さんのおばぁちゃんだったのでした。



安倍の斜視により立ち位置変更、結婚のプロポーズとは?

漫才のスタートは、いつも安倍さんの「はーじまるよー」という高めの鼻にかかった声でのスタートです。

妙な声高で、ぽっちゃりめの体型と相まって、おちゃめで可愛らしい感じです。

かわいらしいと言えば、安倍さんの趣味は仮面ライダー。

子供か!って話ですが、いつもTwitterでもつぶやいていて、よく見ているそうです。

元々は、2人の立ち位置が逆だったのですが、右目が斜視であるということで、向かって右側に安倍さんが立つことになりました。

ご本人のブログで曰く、「3年やってて気付かなかった」とのことで、見る側にならないと、なかなか気付かないのかもしれません。

確かに、内側に目線がいく方が自然で目立たないですね。

安倍さんは2013年に結婚しているのですが、このプロポーズが舞台での公開プロポーズ。

タモンズ単独ライブがあったのですが、タイトルがなぜか「がんばったABE」です。

普通に漫才をしていて、盛り上がっていたのですが、漫才の内容が「プロポーズしたい」という話に。

まあ、漫才のネタでは、「〇〇やってみたいんだけど」というのは定番ですよね。

ところが、安倍さんはそこから、「今から本番するわ」と会場に来ていた彼女を
舞台へ。
舞台に出たがらない彼女を引きずり出し、「僕が毎朝『はじまるよー』って朝起こしたるから、僕と結婚してください」と手を出すと、彼女が手を握ってプロポーズ成功でした!

ほら、頑張ったやろ、と元々プロポーズのために仕組まれていたライブだったのですね。
チョコレートプラネットの松尾さんが泣いていたり、お客さんも喜んで、みんなが幸せな場だったようです。

素敵ですね。確かに、忘れられませんね。



タモンズのネタ・漫才は?M-1は狙えるのか?

割と正統派漫才です。

2012年と2013年にはTHE MANZAIの認定漫才師に選ばれている実力です。

意外なことに、ネタを書いているのは安倍さんとのこと。

お笑いにやる気があり、しっかりしてそうな大波さんかと思いましたが、ボケだからといってアホではありません。

ネタの内容としては、かなりの下ネタもあり、個人的にはご紹介できません。

これなどはいかがでしょうか。

もっとテンポがあがると、M-1向けになっていくのではないでしょうか。

何気に、テレビ出演は貧乏ネタが多いです。
次は「うちのガヤ」に出演ですが、やはり貧乏ネタのようです、楽しみです。

貧乏体験は、もちろん大変だったでしょうが、芸の肥やしになっているのであれぼ、良かったですね。









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする