お侍ちゃんは上智出身・嫁が美人な江戸芸人、ネタやギャグは?

さて、今回はまたキャラの強い、ピン芸人「お侍ちゃん」を研究します。
事務所はサンミュージック所属、芸歴はけっこう長く、2018年で18年目。
ぜひ、楽しんでお読みください。

お侍ちゃんは岩手出身、大学・学歴・本名・身長は?バイトはラーメン屋?

お侍ちゃんは、こちら。


常にこのキャラクターであり、ちょんまげは、なんと自前です。
頭も剃っているため、姪っ子さんにギャン泣きされるそうです。
プロフィールは下記となります。

お 侍 ち ゃ ん(おさむらいちゃん)
本名:内村寛裕(うちむら のぶひろ)
生年月日1981年3月17日
出身地:岩手県盛岡市
血液型:o型
身長:174cm
趣味:歴史小説を読む
資格:高校理科教員免許、江戸歴史検定三級、城郭検定二級、日本茶検定一級

なんと、上智大学出身。
これまた、おばかな見た目とは裏腹に、高学歴です。
いわゆる、GMARCHなので、早慶に次ぐ偏差値の高さですね。
高校の理科教員免許までお持ちです。
出身は岩手県で、高校は岩手県立盛岡第一高等学校。
こちらも県下有数の進学校だそうです。

そんなお侍ちゃんは、大学時代に、お友達に誘われて、お笑いを始めました。
もともとは芸人に興味があったわけではなかったたものの、注目を浴びるのは好きだということです。
ところが、芸人に誘ってくれた友人はすぐに辞めてしまい。
お侍ちゃんとしては、その時点では、まだ芸人やれてないから続けてみようと思い、今まで続けてきたそうです。
実は、芸歴15周年を超えていて、2018年で18年目になります。
同期に当たるのは、サンドウィッチマンやトータルテンボス、麒麟など、そうそうたるメンバーです。

お侍ちゃんも頑張ろう。

かつての芸名は「めんこい内村」。
なぜお侍キャラになったのかというと、ノリみたいなものだったそうです。
デビュー当時は西洋にかぶれていたと、おっしゃっていましたが、いやいや我々全員そうです。
タイムマシーン3号の山本さん達と共同生活をしていたことがあり、その時のノリというか自然にできたんだそうです。
ちなみに、その当時、3階建の一軒家に芸人4人で住んでいて、山本さんが3階の天守閣に住み、「風雲山本城」と呼ばれていたそうです。
いやあ、芸人さんの共同生活は、めっちゃ楽しそう。
毎日ワイワイしていたということで、その中で、生まれたキャラなのでしょうね。

先ほどご紹介したプロフィールは、本当のものではなく、ご本人曰く、下記のキャラクターとなります。

出身地:陸奥国南部藩
生年月日:延宝九年弥生十七日
最終学歴:四谷の寺子屋

延宝九年(1681年)生まれで、最終学歴は四谷の寺子屋なんだそうです。

ぜひ、皆さん覚えてあげてください。



お侍ちゃんの妻は美人?結婚式や深イイ話、嫁ブログがすごい(画像あり)

お侍ちゃんについて、よく話題になるのは奥さんのことです。
2013年8月8日に結婚しました。
綺麗なお嫁さんなんです。


お子さんもいて、頑張らないといけないですね。
飲み会で知り合って、奥さんの方から、告白したようです。
お侍ちゃんの芸人の収入だけでは、生活できませんので、奥さんも働いているそうです。
おかげで、深イイ話にも出演できたそうです。

月収10万円芸人の美人妻に密着する、という内容だったということで、妻メインじゃないですか。

奥さんのお陰で仕事がきて良かったですよね。

奥さんは、「お侍ちゃんの嫁ブログ」を書いていて、なんとお侍ちゃん本人のアクセスの3倍あるそうです。
すごいですね。

お二人の結婚式は、やはり和風な演出で、笑いあり、感動ありだったそうです。
新婦入場では、籠を担いできて、籠の中から白無垢の姫が現れるところから始まります。

「新郎新婦諸法度」を読み上げたり、最後はお侍ちゃんの殺陣で締めたそうです。
芸人さんやファンの方も招待され、楽しそうです。



ネタ「アンパンマン」「ラジオ」(動画あり)

お侍ちゃんのネタは、もちろんお侍の設定を生かしたもの。

メジャーなネタでは「アンパンマン」。江戸風にアンパンマンの歌が歌われます。

個人的には、こちら江戸ラジオのネタは大好きです。

「寛永寺まで沢山の矢文をお待ちしておる」
「本日は江戸城ではないため、お気をつけ願いたい」
「では歌のコーナー。曲は、 松戸芭蕉の奥の細道」

ちなみに、脳みそ夫と並ぶと、飛鳥・江戸時代で、時代コントができそうですね。

お侍ちゃんは、もともとアップフロントエージェンシーという事務所のグループ、ジェイピールームに所属していて、矢口真里さんらと同じ事務所でした。
しかしながら、同事務所がお笑い部門閉鎖となり、サンミュージックに移籍しました。
本人に言わせると、「お家騒動により脱藩し、新しい藩に」ということです。(キャラ徹底)
サンミュージックは個性的な芸人さんが多いので、お侍ちゃんに合っているのではないでしょうか。
髭男爵が、お侍ちゃんと並ぶと、明治維新みたいだと言っていました。

確かに、黒船来航・開国!みたいな感じですかね。



お侍ちゃんのギャグ・参勤交代・江戸江戸

基本的には、一人侍コントや、漫談のネタなのですが、持ちギャグもあります。

ネタの途中とかででてきますが、「江戸江戸~」というポップな感じ。

こちらのネタでもでてきます。

アントニオ猪木。「1、2、3、参勤交代、江戸江戸~」です。

まあ、持ちギャグがあると、流行った時に強いので、広まると良いな、とは思います。

ただ、使う場面や使いみちがちょっとわからないですね。



出演番組「とんねるず」や「うちのガヤ」、ゴージャスと共演。バンジーとんだり、テレ玉、「誰とく」へ

芸歴が長いだけあり、色々顔を出したりはしています。
「とんねるずのみなさんのおかげした」のような超メジャー番組にも出演しています。
この時は、残念ながらちょっとだけだったようです。
「うちのガヤがすみません」では、最高の切られ役として出演していました。
これは、キャラが生きる良い出演ですよね。

過去の番組内では、バンジージャンプを飛ばされたり、埼玉テレビにはレギュラー番組があったりします。
レギュラーでいうと、なぜかゴージャスさんのゲーム番組にも出演しています。
こちらは、なかなか画面が派手でシュールですよ。

次は、「有吉弘行のダレトク!?」に出演します。
「ダレトク貧乏脱出大作戦」ということで、お侍ちゃん家庭が、家賃11万円の家で、夫婦と子ども3人で暮らす家計の家計診断がされるようです。

やはり上記のようなお仕事だけでは、家計は苦しいのでしょうか。
お侍ちゃんは、主婦侍としても、家庭を支えていましたよ。
ソーセージとかは添加物が心配、と手作りに挑戦していたり。鶏ハムはお手の物でした。

なんだかんだで幸せそうな家庭だと思うのですが、どうなのでしょうか。
番組が楽しみです。
そして、お侍ちゃんにはもっと活躍してほしいです。









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする