ABC優勝芸人・ファイヤーサンダーは崎山と藤田、学歴やネタ等のWiki

今回は、ABCお笑いグランプリで優勝し、注目が集まる、ファイヤーサンダーをご紹介します。

所属はワタナベエンターテインメント、コンビ結成からはまだ4年目のコンビです。

ぜひ、楽しんでお読みください。

ファイヤーサンダーがABCお笑いグランプリ優勝!

「ABCお笑いグランプリ」とは、かつてはダウンタウンやナインティナイン、フットボールアワーらも受賞した由緒ある賞レースです。

内容は、漫才・コント・ピン芸、何でもあり、ということです。

本拠地である大阪勢、吉本が強い中での優勝は、快挙ともいえます。

関西以外からの優勝は39年ぶり、吉本以外の受賞は10年ぶり、ということです。

もちろん、事務所・ワタナベエンターテイメントからも初となります。

570組中のトップですからね、いやあ、すごいことです。

第二ステージまで進んだのは、ファイヤーサンダーの他、東京ホテイソン、蛙亭。

個人的には、東京ホテイソンを応援していましたが、力のある新人がフォーカスされるのは、いずれにせよ嬉しいです。

ファイヤーサンダー、おめでとうございます!

実際に優勝したネタ動画も後ほどご紹介しますので、お楽しみに!



ファイヤーサンダー(お笑い芸人)の事務所はワタナベ、同期や結成秘話、意味は?

右側が、ボケの崎山祐さん。
左側が、ツッコミの藤田崇之さん。

お二人のプロフィールは下記です。

<右>

名前:﨑山祐(サキヤマユウ)
生年月日:1991年3月11日
出身地:和歌山県
身長:179cm

<左>

名前:藤田崇之(フジタタカユキ)
生年月日:1987年12月16日
出身地:大阪府
身長:170cm

ファイヤーサンダーの所属は、ワタナベエンターテインメントです。
ということは、ワタナベコメディースクール出身なのかと思いきや、大阪NSCの34期ということです。
2人は、もともとは、別々のコンビで活動していたそうです。
藤田さんは、「ストーンブレス」というコンビ。
崎山さんは、オリオンというコンビですが、こちらは現在「さや香」の新山さんとコンビを組んでいました。

結成秘話としては、二組とも、同じような時期に解散し、藤田さんが崎山さんを誘ってコンビ結成となったそうです。

なんだか、いろいろ考えるところがあったそうで、大阪吉本には所属せず、インディーズのライブを中心に活動していたそうです。
そして、東京に上京し、東京でいろいろなライブに出ていたところ、ワタナベのマネージャーさんから声をかけられて今の事務所に所属しました。
ABCお笑いグランプリで優勝した際も、「拾ってくれたワタナベエンターテインメント」に感謝しますと、言っていました。

普通は、NSCを卒業したら吉本に所属しますからね、珍しいですよね。

どうも、ファイヤーサンダーはコント中心ですので、コントをやるには大阪ではなく、東京の方が、と思ったのではないでしょうか。

なぜファイヤーサンダーというコンビ名なのか?は、調べてみたんですがはっきりしたことは不明でした。

ファイヤーサンダーといえば、プロレスの技だったり、ポケモン、後はオタ芸にもそういうものがあるそうです。
ちょっと、どれも2人とのつながりはわかりませんでした。

同期には、チュランペット、東大ヤンキー澤山。
芸歴としては、7年目。
コンビ結成は2014年10月、結成から4年目ということです。
まだまだ若いですね、これからですね。



ファイヤーサンダー・崎山祐はネタ担当、出身や大学・彼女は?

ネタを書いているのは、すべて崎山さんということです。
崎山さんは、出身は和歌山県日高町池田。
地元の、日高新報では、町内出身のお笑い芸人がグランプリファイナル進出、というところから、記事にしています。

藤田さんのいとこは、さらば青春の光の東ブクロさん。

ちなみに、東ブクロさんはカズレーザーの元相方です。

ここで、崎山さんの学歴ですが、内原小学校、日高中学校、和歌山高専を卒業しています。
その後、NSCに入っています。
高専と言えば、大学と同等の資格を得るところですので、頭が良いのですね。
偏差値64、というなかなかの学校。

彼女情報は気になるところですが、何もないですね。
まだまだ、ガリガリとネタを書いている日々なのかもしれませんね。

優勝コメントでも、自分がネタかいてるので、相方には賞金8000円、とも言っていましたから。
冗談としても、ネタ作りは大変ですからね、気持ちはわかります。



ファイヤーサンダー・藤田崇之の出身大学、本名や彼女は?

藤田さんは大阪出身で、出身大学は大阪教育大学。

ちゃんと教育について学んだようで、小・中・高の理科の教員免許もお持ちだということです。

個人的には、ネタを書いている人の方が、暗いというか、社会性に乏しい人が多い傾向にあるように思います。

そのような意味でも、藤田さんは雰囲気も明るく、モテそうなイメージです。

彼女情報はやはり出てこないのですが、顔もなかなかかと思います。

まあ、ネタを書かない人が給料泥棒とは言えず、藤田さんの場合は、やはり演技力が良いと思います。

特にコントでは、大事な要素ですので、重要な役割ですね。




ファイヤーサンダーのネタコント、ネタパレのkpkdbf(クプクドゥブフ)やあらびき団、キングオブコントは?(動画)

さて、いよいよネタのご紹介です。

まずは、ネタパレで披露したコント「kpkdbf(クプクドゥブフ)」。

このダイイングメッセージを刑事たちはとけるのか?

なんというか、意識高い系な、知的なコントだと思います。
よくある設定かと思いきや、1周回って意外な展開になっていきます。

実は、ファイヤーサンダーのネタで、1番最初に見た動画はこちらでした。
本屋さんで手と手がぶつかって、というベタな始まりから、意外な展開となっていきます。ストーリーとしてもかなり気になってしまう内容です。

そして、ABCお笑いグランプリの決勝でのネタ、「無人島」です。
実際には、もっと長いバージョンなのですが、こちらも面白いですよ。

昨年のキングオブコントでは、準々決勝まで進めたそうです。
しかしながら、ネタ順がトップバッターということで、不利だったのではないでしょうか。

今年は決勝に上がってくるのではないでしょうか。
テレビ出演も、きっとこれをきっかけに増えるのでは、と思います。
これからも、ファイヤーサンダーの活躍を楽しみにしています!